ニノクモ ninokumo 布雲 にのくも
「布雲」は布のように広がって続いている雲のこと。
万葉集の歌では「想い合う二人の間が絶え間なく続く」ことのたとえとして詠まれています。
本来の発音は「にのぐも」ですが、澄んだ音のように晴れ渡る空の意味を込めて濁点をはずし、「ニノクモ – ninokumo -」と名付けました。

日本の繊細な職人技に支えられて1枚1枚手作業でつくりだされる手捺染(てなっせん)の美しい染め物や、丁寧に作られた様々なアイテムに、つい笑みがこぼれる遊びと楽しみを交えて世界に発信して参ります。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。